山口県に住んでいる50代の主婦です。

パートでコンビニ店員をしており、大学生の子供と会社員の夫がいます。

キャッシングを利用したのは、3年前でちょうど子供が大学に入学して貯金を使い果たした時に親戚から家族全員が結婚式に招待されました。

とても結婚式に出席するお金のゆとりはありませんでしたが、親戚の結婚式で断ることも出来なかったので消費者金融のキャッシングでお金を30万円をほど借りました。

夫にはお金のことを相談出来なかったでので私名義でお金を借りました。

コンビニ店員のパートなので、お金が借りることが出来るか心配でしたが審査もすんなり通りお金を借りることが出来て安心しました。

審査に通らなかったらどうしょうと心配していたので、消費者金融から審査に通ったと電話が掛かって来た時には本当に嬉しかったです。

お金を借りることが出来たおかげで、家族で結婚式に出席することが出来て、親戚との関係を悪くせずに済みました。

その後、2年ほどで返済は終えることが出来ました。

キャッシングを利用するまでは、借金は悪いことのようなイメージを持っていました。

しかし、実際に借りてみるときちんと返済出来る金額を必要な時に借りるのならいいのではと考え方が変わりました。