一般的に、キャッシングやカードローン等利用して返済が滞ると次第に他社からの借り入れと言うのが難しくなってきます。

これは銀行、消費者金融、クレジット会社がそれぞれ提携する信用情報機関に信用情報として遅延や事故情報が載ってしまうからです。

この事を一般的にブラックリストと呼ばれています。

またカードローンの審査に落とされ、それを短い機関で立て続けに落とされる事で、他社からの借り入れが難しくなることがあります。これもやはり信用情報機関に申し込みの情報が載せられ、それを共有する消費者金融等がキャッシングに難色を示すことになるからです、これを一般的に申し込みブラックと言います。

過去に自己破産等の債務整理を経験された方の場合、その会社への申し込みが半永久的に出来なくなるなんて事もあります、これを社内ブラックと言います。

とはいえ実際それぞれにブラックリストと言ったリストは存在せず、一般的に借り入れが難しくなった人の総称をブラックリストと呼称しているだけで、信用情報機関に遅延等の情報が載せられているからと言っても全く借り入れが出来なくなると言うことではありません。

キャッシングやカードローンの口コミ等を駆使すれば、きっと申し込みができるところが見つかるはずです。