返済期間を過ぎても支払いが終わっていない場合、信用問題だけでなくさらなるお金がかかってしまうということがあります。それは遅延損害金利と言われるもので、返済が遅れることをちゃんと連絡したとしても発生します。銀行のカードローンや消費者金融での遅延損害金利はほとんどの場合20,0%加算されます。これは、出資法・利息制限法で金利の上限が最大で20,0%と決められているところに基づいています。返済期日までは通常の利息を払い、返済日期日翌日から遅延損害金利を支払うようになりますので、利息と遅延損害金利を二重に支払うということは全くありません。遅延損害金利支払うのは、次回の支払の時です。返済が遅れると大抵数日以内に催促の電話がかかってきますので、その時明確に支払日を約束します。担当者の方にどれほどの遅延損害金利を支払えば良いのか聞き必ず支払うようにすることである程度の誠実さを示すことができます。最近では業者側から返済期日をお知らせするメールサービスも実施されていますので、そのようなサービスを利用することもできます。

返済を守らないとペナルティーがついてしまうので極力、返済が遅れるということは避けたいものです。