キャッシングでは、まず一つの会社からお金を借りるように心がける必要があります。というのも、キャッシングというのは法律的な規定の範囲内で複数の会社からお金を借りることができるように作られていますので、限度額の範囲内ならばどのような形でお金を借りることもできるのです。こうした限度額に関する法律的な取り決めは総量規制と呼ばれています。

しかし、いくら限度額の範囲内で複数の会社からお金を借りることができるとはいっても、本当にそれをやってしまうと消費者の負担がかなり大きくなる懸念があります。例えば、金利が消費者を圧迫するケースが考えられます。金利にも法律的な上限はもちろん存在しますので安心してキャッシングを利用することはできます。しかし、一方で上限金利の範囲内でどのような金利を設定するのかはキャッシング会社の一存によって大きく変わりますので、上限金利限界まで金利を設定している会社もあれば、無利息でお金を借りることが可能なように消費者の負担を減らしている会社もあります。双方の会社では全く返済における消費者の負担は異なっていますので、こうしたトラブルに巻き込まれないようにするためにもまずは一社から借りることが大切なのです。