カードローンはお金を借りられるサービスですけど、非正規社員でも利用できる可能性があります。正社員の場合は、収入も比較的多く安定しているという事から審査に通る可能性が高いです。

ただ、非正規社員の場合は、不安定という事から審査に通る可能性は正社員よりも低くなってきます。しかし、非正規社員でも対策をしていけば審査に通る可能性を上げる事ができます。

まず、大事になってくるのが収入です。非正規社員でも月収が10万円を超えると、審査に通る可能性は高くなります。もちろん、借りられる額は多くはないですけど、月収を上げる事は重要です。派遣社員ですと月収10万円をクリアできる可能性が高くなります。

次に勤務年数です。非正規社員はどうしても安定性に欠けてしまいますけど、勤務年数が長いとその部分をカバーできます。

勤務年数が長いと、非正規社員でも安定して収入を確保できていると評価される事が多いです。つまり、自然と評価を上げて、審査に通りやすくなります。

また、非正規社員でも審査に通りますと宣伝している金融業者の方が通りやすいです。

以上のように、場合によっては、十分に非正規社員でもカードローンを利用する事ができますので、チャレンジしていきます。