毎月の返済額を減らすには、3つの方法しかありません。
  • 金利を下げる
  • 返済期間を長くする
  • 借金をまとめる
金利を下げるには、いま借りているカードローンに金利を下げてもらえないか交渉をします。でも、ほとんどの場合、そういった交渉に応じてもらうことは難しいでしょう。カードローンは限度額が増えれば金利は下がる設定になっているため限度額を上げてもらう交渉をした方がいいです。しかし、限度額は年収の1/3までなのでそれ以上は無理です。そういう場合は金利の低いカードローンに借り換えをするという選択肢があります。

次に、返済期間を長くするには、今借りているカードローンに相談しても難しいでしょう。なぜなら、借入残高に応じて最低返済金額というのが決められているからです。そういう場合は、最低返済金額の低いカードローンに借り換えをするといいでしょう。

次に、もし2社以上から借りている場合「おまとめ」がオススメです。別々に借りているとそれぞれの最低返済金額を返済しないといけませんが、最低返済金額は借入額が増えるほどその割合も下がってくるため1社にまとめた方が毎月の返済額は減ります。これは一例ですが、30万を借りると最低返済金額が10,000円ですが、60万円を借りると最低返済金額は倍の20,000円ではなく15,000円になるカードローンがあると、2社から30万円ずつ借りている場合、毎月の返済は約20,000円ですが、「おまとめローン」で1社に60万円を借りれば毎月の返済は約15,000円になり毎月の返済額を減らせます。

以上をまとめると、返済額を減らしたいのであれば「借り換え」や「おまとめローン」を利用すると良いということです。


ここでは、WEBから申し込めて安心して利用できる、借り換え・おまとめローンに対応したキャッシング・カードローンを紹介します。

貸金業法に基づくおまとめローンで完済しよう!
  • 借換え専用ローンです
  • 消費者金融に複数ローンを借りている方に
  • 年収の1/3を超える借入がある方に
  • 毎月の返済が低減!金利の負担が軽減!
  • 返済日は毎月1回
  • 日本全国対応!来店不要でスマホから申し込み可!
  • 実質年率 7.3% ~ 15.0%
  • 最大融資額 2000万円
* 借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限ります(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外)。
フリーローンからビジネスローンまで多様!
「ご融資どっとこむ」には、フリーローンの他、借換ローン、おまとめローン、不動産担保ローン、事業者向けローン、住宅ローン、レディースローンと、多彩なローン商品があります。どのプランがいいのか、こんな理由で借りられる?といった相談レベルからでもまずは相談できます。特に、おまとめローン、借りかえローン、事業者ローンは、大手消費者金融と比べても得意としているようです。金利は、15.0%〜20.0%ですが、おまとめ・借り換えローンなら、7.3%〜15.0%と低い金利になります。最大融資額も500万円。これなら他社から借り換えのメリットも十分ありますね。申込みはパソコン・スマホからなので全国対応です。振り込み融資にも対応しています。
本気で完済を目指すなら貸金業法に基づくおまとめローン
サンクスダイレクトは金融庁登録の正式な貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは、他の消費者金融で借りている借金を借りかえて1社で返済する方式で、その間追加の融資は受けられません。他社への返済も代理で行われるのでうっかり使ってしまう心配もありません。だから、本気で完済を目指すには最適なおまとめローンです。自分は目の前にお金があると使ってしまうという心の弱い人には最適です。金利は 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)最大融資額 300万円、申込みはスマホからOK、来店不要なのでどこにいても融資を受けられます。

キャッシングエニー

貸金業法に基づくおまとめローンで完済を!
キャッシングエニーのおまとめローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」。他の消費者金融で何社からも借りている人は、一本化して金利も下げてもらいましょう。また、フリーローンとは違い、おまとめローンの金利は 5.0%〜15.0%の安心金利。最大融資額も500万円と頼れる内容です。また、おまとめローンの場合、年収の1/3以上でもOKです。もちろん担保・保証人は不要。申込みはパソコン、スマホから。全国対応です!

プロミス

おまとめローンはオペレータに相談
プロミスのおまとめローンを申し込むには、WEBから通常のカードローンを申込後、折り返しかかってくる電話でおまとめ希望と伝えてください。プロミスのおまとめローンは貸金業法に基づくおまとめローンという返済専用で追加借入ができないローンです。だから、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通のカードローンを使って他社に一気に返済してしまうのが一番早いでしょう。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。

※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

SMBCモビット

消費者金融の中では金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットにはおまとめローンという商品はありませんが、消費者金融の中では金利が低く限度額も高い(実質年率 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても便利です。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(※1)のでプライバシーが守られます。当日振込(※2)も可能なので急いでるときも頼りになります!まずは10秒簡易審査から!

※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

まとめることで低金利!融資限度額最高800万!
クレジットカードのリボ払いや他のカードローンをまとめて金利が下がれば返済が楽になる!融資限度額は最高800万円、金利は3.0%~18.0%!最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利!30日間金利ゼロ円ではじめてでも安心!

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

アイフル

審査は最短30分!即日融資も可能!
アイフルは使途自由なカードローンなので、おまとめローンとしても利用可能。金利も比較的低く(3.0%~18.0%)、融資限度額は最高800万円とおまとめ借り換えに余裕です。最短30分で審査結果が分かるのは業界でも最短クラスです。初めての方に限り最大30日間無利息だからはじめての人にも安心!まずはWEBから「1秒診断」が便利です。申込はネットで完結し申込当日の振込による融資も可能(※1)です。

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

ページの先頭へ